京大に 2回受かって 今無職

京大に文系・理系で1回ずつ、計2回合格するという珍経歴を経て一般企業に就職するも「会社員めんどい!」と4年でやめてしまったちょっとアレな人のブログ。受験・甘いもの・ガジェット・雑感etc

「RAKUNI 」が便利すぎて財布がいらなくなった話【オススメiPhoneケース】

こんにちは!無職のペースケです。

 

みなさんはスマホをケースに入れる派ですか?

ぼくはiPhoneに傷がつくのが嫌で、ながらくシンプルなTPUケース(プラスチックとゴムの中間みたいなやつ)を使ってたんですよね。

あれ保護力高いので。

ところが今年の初めに今回ご紹介するiPhoneケース「RAKUNI - ラクニ」に変えたところ、そのあまりの便利さにびっくり。

今年した買い物の中でも買ってよかったものオブザイヤーを争ういきおいです。

 今日はRAKUNIのなにがそんなにすごいのか?ご紹介していきます。

あえて言おう、RAKUNIがあれば財布はもういらないと 

そもそも「RAKUNI - ラクニ」ってなによ

株式会社トーモから発売されているiPhoneケースのシリーズで、

現在SE、6/6S(PLUS)、7(PLUS)に対応しています。

 なお最近SONYのAndoroid端末「Xperia XZ(s)」対応のケースも発売されました。

 

 

公式HP

RAKUNI - ラクニ

 

最大の特徴は「背面」ポケット

ラクニはいわゆる手帳型ケースのように、クレジットカードなどを入れるポケットがついています。

しかし、一味違うのがその位置。

普通はiPhoneの液晶画面側にカード入れがついていて、画面にふたをするような形になっているケースが多いですよね?

なんと「RAKUNI - ラクニ」は普通と逆、iPhoneの背面(カメラ)側にカードケースがついているんです。

こんな感じ↓

 

 

 

 

 

 

この作りによって、RAKUNIは

手帳型ケースの弱点を克服し、利点だけを残した最強のケース

になっています。

RAKUNIのここがすごい

①画面にすぐアクセスできる

手帳型はその収納力の代償として「カード入れを毎回開けないとスマホが使えない」という弱点があったんですよね。

ぼくのようなスマホ中毒からするとこれが結構なストレス。

ポケットからスマホを取り出してすぐに画面にアクセスしたいのに「ふたを開ける」という余計な動作が加わってしまう。

その手間がいやで手帳型を避けていたくらいです。

 

しかしRAKUNIの場合、背面にカード入れがついている為すぐにホーム画面を表示できます。

正直もうこれだけでも便利すぎる。

 

あと隠れ便利機能として背面ポケットがiPhoneスタンドがわりになるので、

YouTubeみる時に手から離すこともできちゃいます。

 

②カメラも簡単に起動できる

フォトジェニックという言葉がはやっているように、スマホでとる写真は現代人の生命線。

シャッターチャンスは生き馬の目を抜く争いです。

そんな時いちいち手帳ケースを開けてからカメラを起動してたら百万光年うしろに置いて行かれます。

しかも横向きに写真とるときはカードケースが地味にジャマ…

 

RAKUNIならケースを開ける手間がないのはもちろん、

背面のケースがカメラにかからないようになっているので、すぐに写真がとれます。

↓ケースを閉じた状態でもカメラはふさがれない

日常的に使うものはこういう細かい点がストレスフリーであることが重要なんですよね。

 

③財布がいらなくなる収納力

カード入れなしのケースと同等の機動性をもつRAKUNIですが、収納力も半端ない。

「ふた」側だけでなく、スマホ本体側にもカードポケット(SEだと1枚分、それ以外だと2枚分)がついています。

ふた部分にはカード2枚くらいは余裕で入るので、

iPhoneと一緒に3枚〜4枚のカードを簡単に持ち歩ける。

また公式でも紹介されている使い方ですが、

・名刺を入れておく

・緊急時用のお札を入れておく

などの使い方もできます。

つまり、財布の機能をRAKUNIでほぼまかなえるんです。

 

実際ぼくはふた側にクレジットカード、本体側ポケットに交通系ICを1枚ずつ入れていますが、

都市部ではこの2つの決済手段があれば、

コンビニ・スーパー・飲食店など90%以上のお店で支払いが済んでしまいます。

もちろん改札はiPhoneをかざすだけで通過できます。

 

財布がポイントカードとかで結構パンパンで、ポケットに入れると「あんぱんでも入れてるの?」ってレベルなのですが(笑)、最近はカバンにしまったままほとんど出す機会がなくなりました。

 

④他にもまだまだ良いところ

キリがなくなりそうなので、思いつく利点をまとめてあげちゃいます。

・付属のストラップがGood

本体と同じ革製のストラップがついてます。

作りがしっかりしているので予想以上に便利。よくスマホを落とすぼくのような人間にはありがたい。

取り外しもできます。

・革の質感がよい

本革製なので高級感◎。機能面を主に紹介してきましたが、カラーバリエーションも豊富でお洒落アイテムとしてもおすすめできます。

また使っていくとエイジングが進み風合いが出てきます。

・軽い

32グラムから。実際とどいた時に「えっ、かるっ」ってなりましたもん。革なのに。

 

RAKUNIの弱点

①厚みは増す

どちらかというと手帳型全般の弱点ですが、カードポケットの厚みがある上に、入れるカードを増やせばその分手に持った時の厚み、重さは増してしまいます。

iPhoneやシンプルなケースでの薄さ軽さを重視する人にはおすすめできないですね。

ただ手帳型としては十分な軽さですし、財布がわりになる利便性とトレードオフであることをどう捉えるかだと思います。

↓カード入りで横から撮影

 

②保護が弱い

背面にポケットがある分、手帳型より液晶画面のガード力が落ちます。

ガラスフィルムなどで保護しましょう。

また、上下がカバーされておらず、iPhoneのアルミ部分がむき出しになるので

全体カバーのケースに比べこの部分の傷がつきやすくなります。 

 

↓上下が開いていて保護されていない、ただしケース背面はiPhoneより少し大きいので

完全なむき出し状態になるわけでは無い。

 

 

③ふちの革(コバ)がはがれやすい

スマホ画面側のケースのふち部分(コバというそうです)がはがれやすいです。

はがれても使う分には問題ないけどちょっと悲しい。

特にポケットから頻繁に出し入れする人はこの現象は避けられないと思います…

↑赤く塗ってるあたりがはがれやすい

 

公式さんも認識していて、ツイッターやメールでお願いすると無償で修理してくれます。

RAKUNI 公式 (@RAKUNI_me) | Twitter

実際ぼくも一度コバを塗り直す修理をしてもらいました。

うーんけどやっぱりはがれてくる。ということで現状は仕方がないと諦めてます。

本革製ではなく、あとで紹介するPU  Leather製だとマシかもしれないですが。

 

④高い?

本革製のRAKUNIのお値段は4450〜4900円(税抜)。

革製、作りがしっかりしていること、機能が素晴らしいことを考慮するとコスパがいいと個人的には感じますが、

何しろ100均でそこそこ使えるTPUケースが買える時代なので人によって評価は分かれるでしょう。

 

ちなみに7/7Plusのみ3000円をきるPU  Leather製の廉価版が出ています。

機能面は変わらないので、革製にこだわりがなければ有力な選択肢になりそうです。

 

PU  Leather製ではカードケースの形状がお財布みたいになった「Pocket」タイプも発売されています。

 

 

 で、結局どうなのよ

RAKUNIのいいところと悪いところ両方を見てきましたが、総合して考えると断然「買い」だと思います。

たかがスマホケースではありますが、「スマホ一つであらゆるシーンに対応できる」という新しい生活を提供してくれる素敵なツールですよ。

 

RAKUNIはどこで買えばいいの?

Amazonで買いましょう。

リアル店舗や一部他の通販サイトでも取り扱いはあるようですが、価格は基本的に変わらないようなのであえて選ぶ理由は薄いかと。

公式HPも購入先としてAmazonへのリンクを貼っていますね。

 

RAKUNIと一緒に手に入れると幸せになれるもの

ICカードのエラー防止シート

 7以前のiPhoneをお財布ケータイ化したいなら必須。

SuicaなどのICカードをそのままRAKUNIに入れるとiPhoneからの磁気が干渉して読み取りエラーになってしまうので、それを防止するシートです。

改札で引っかかって後ろの人に迷惑かけちゃうと恥ずかしいですよね…

シートをiPhone本体とカードの間に挟めばOKです。

 

 ・磁気シールドカード

クレジットカードをRAKUNIに入れる人も多いと思いますが実は危険が。

スマホが着信時などに発生する磁気でクレカが磁気不良を起こし使えなくなることがあるんです。

なのでぼくは磁気シールドカードをクレカと一緒に入れて磁気の影響を防いでいます。

ただ、普通に磁気シールドなしでクレカとスマホを一緒に携帯してる人も多いので

 気休め程度に思った方がいいかもしれません。

シェリー 磁気シールドカード SY?MS001

シェリー 磁気シールドカード SY?MS001

 

注:ICカードの干渉エラー防止シートと磁気シールドカードは別物です。どちらかで両方の役割を兼ねることはできないので注意!

 

まとめ

RAKUNIのすごいところは、

スマホ操作、買い物、改札通過が全てコンパクトなデバイス一個にまとまること。

 

apple payが使えなくて地団駄踏んでるぼくのようなSEユーザーや6Sユーザーも「ピッ」で改札通れるようになってしまう。

ふらっとコンビニ行く時にぶ厚い財布を持つ必要はなく、クレジットカードを入れたスマホ1つあれば事足りる。

しかもスマホとしての操作性が落ちない。

これをオススメしない理由があるだろうか(いやない)

 

便利さを伝えたい熱意ゆえ4000字ごえの熱い記事になってしまった…

 

あなたもぜひRAKUNIで楽しましょう。