京大に 2回受かって 今無職

京大に文系・理系で1回ずつ、計2回合格するという珍経歴を経て一般企業に就職するも「会社員めんどい!」と4年でやめてしまったちょっとアレな人のブログ。受験・甘いもの・ガジェット・雑感etc

auのiPhoneユーザーはmineo Aプラン・Dプランどっちにすべき?テザリングがポイント!


こんにちは、現役mineoユーザーのペースケです。

早速ですが、現在auからmineo(マイネオ)に乗り換えを検討している方。
AプランからDプランいずれのプランにするかは考えているでしょうか?

今回はauの端末(特にiPhone)を使っており、現在mineoに乗り換えを検討している方」向けにmineoのどのプランを選ぶべきか?わかりやすく解説していきたいと思います。

auからのmineo乗り換えはAプランかDプランの2択

現在mineoは格安SIMでも数少ないトリプリキャリア(3つのメガバンク全ての回線が使用可能)となっており、以下の3つのプランが選べます。

このうち、Sプランは2018年9月に始まったばかりということもあり、他の2プランに比べ若干高くなっています。
ソフトバンクユーザーにとっては今使っているソフトバンク端末をそのまま使えるというメリットがあるので検討の価値がありますが、auユーザーにとってSプランは特にメリットがありません。

また、auAndroid端末ユーザーはAプラン1択です。

というのもmineoはauAndroid端末に関して、Aプランでしか動作確認を行なっていません。
SIMロック解除をすればDプランなどでauAndroid端末を使える可能性もありますが、あくまでmineo側では確認をしておらず、動かなくても自己責任ということになります。

auAndroidはAプラン一択でしたが、auで購入したiPhone(6s以降、SE含む)を利用している方はAプランかDプラン(要SIMロック解除)かを選択することができます。

AプランとDプランの比較(auiPhoneの場合)

それぞれのプランのメリットデメリットを検討していきましょう。

Aプランのメリット

SIMロック解除が不要

Aプラン(=au回線)を使う場合、auで購入したiPhoneSIMロック解除は不要です。今使っている端末をそのまま何もせずに使えるのは非常に便利ですよね。

一方、auiPhoneでDプランを使う場合はSIMロック解除が必要となります。

料金が安い

AプランはDプランよりもデュアルタイプ(音声通話付きSIM)の月額料金が一律90円安くなっています。

たった90円ではありますが、何年も使い続けると考えると意外にバカにできない数字です。

Aプランのデメリット

テザリングができない

料金が安く、SIMロック解除も不要なAプランの唯一にして最大の弱点、それはテザリングが使えない」こと。

テザリングiPhoneの回線をiPadなどのタブレットやPCと共有することで、iPhoneWiFiルータのように使える機能のことですね。

iPadなどでテザリングを頻繁に使う人にとってこれは痛手です。

Dプランのメリット

テザリングが可能

DプランであればSIMロック解除済みのau端末iPhoneテザリングが可能です。

DプランのメリットデメリットはAプランのメリットデメリットの裏返し、ということになりますね。

Dプランのデメリット

Aプランよりもデュアルプランが90円高

デュアルプラン(音声SIM)が月額90円高くなっています。実質90円がテザリングとも言えますね。

SIMロック解除が必要

auで購入したiPhoneau回線でしか使えないようSIMロックがかかっているので、Dプランで使うにはSIMロック解除を行う必要があります。

auSIMロック解除は、端末購入から101日経過していればPC・スマホから無料で行うことができます。
SIMロック解除の詳細に関してはauの公式ページで詳しく知ることができます。

なお店舗でのSIMロック解除は手数料が3000円かかってしまうので、できれば自分でネットから解除することをオススメします。

Aプランはこんな人にオススメ

手元にauで購入したiPhoneがあり、テザリングはなくてもOK」という人は料金が安いAプランがおすすめです。

SIMロック解除の手間もないので簡単にmineoに切り替えることができます。

Dプランはこんな人にオススメ

手元にauで購入したiPhoneがあり、テザリングが欲しい」という方にはDプランがおすすめ。

Aプランに比べ音声SIM料金は90円高くなりますが、テザリング利用料と思えば安いものだと思います。

電波のカバーエリア、通信速度は?

電波についてはAプラン、Dプランはそれぞれau、ドコモがカバーしている範囲であれば基本的に電波が届くと思ってOKです。
ほとんどの方はどちらのプランを選んでも、電波が届かなくなって困った!ということはないでしょう。

通信速度に関しては月によってもどちらのプランが速いかは変わるようですが、基本的にどちらも実用上の差はなく普通に使える通信速度がでる、と言っていいでしょう。

もちろんMVNO特有の事情として昼休み時間帯(12時〜13時ごろ)、夕方帰宅時間(18時〜19時ごろ)など回線が混雑する時間の速度が低下するのは両プラン共通です。
もちろん速度が低下している時でもLINEなどは普通に使えます。

まとめ

今回はauiPhoneユーザーがmineoに乗り換える際に、AプランとDプランどちらを選ぶべきかを解説しました。

簡単にまとめると、

というところですね。

「mineoを最安で申し込む方法」もチェック!

mineoを申し込むつもりであればぜひこちらの記事もご覧ください。
ちょっとした工夫でmineo契約時の初期費用を大幅に削減することが可能ですよ!
www.mushoku-nikki.com